山口功のブログ
Entry Navigation

MP3プレーヤーの活躍

改めて、MP3プレーヤーは役立つな〜、と思う。

落語
英語
音楽
講義
対談

日々いろいろ聞いているし、教材としても活用している。

私が英語学習を始めた頃、一般に浸透したアイテムである。
私が中学のころは、そんなものはなかった。

CDはあったが、CDプレーヤーはCDよりも小さくはできないし、効く可能性のあるCDも同時に持ち歩かないといけない。
CDプレーヤーと、CD100枚を胸ポケットに入れておくことは困難であり、今の状況に比べれば不自由だったろう。

それでも、CDがあるだけありがたいのだろう。
もっと前は、カセット、もっと前はLP、SP。

その頃になると音声の英語教材などは、ほとんどなかったろう。

夏目漱石の頃は、どうやって英語学習をしたのだろうかと、思う。
きっと、よほどの工夫と労力が必要だったに違いない。

今は便利な道具があるのだから、夏目漱石の頃よりもはるかに多くの人が、効果的な学習をして英語の達人になってるはずだ。
そうなのか?

category
英語

夢を持ち続け、体力を向上させよ!

大学を出て、なにかしらの常勤職員(常勤の公務員・会社員)になり、定年退職で退職金もらって上がり、というルートは今後かなり珍しくなるだろう。
そもそも、そのような何かに乗っかっていれば安泰、という考えは捨てた方が良い。

今、そしてこれからの時代重要になるのは、

1 夢(理想の自分)と信念を持ち続けること
2 勉強し続けること
3 収入源の複数化
4 海外でもやっていける能力(異文化コミュニケーション能力と、気楽に海外に出て行く心意気)
5 PC力(インターネット力を含む)
6 体力(筋力・持久力)
7 家事力(特に料理力)
8 経営事務力(個人事業者に必要)
9 身軽さ

間違えなく1は絶対に必要だと思う。
これがなくては、何も始まらない。
夢を語ると、多くの人は馬鹿にしてくる。ひどいことに、学校の先生にもこの手の手合いはいる。夢を諦めた人間だ。
そういう人は、生徒が夢を実現することを妨害する。
彼ら彼女らはドリームキラーと呼ばれる種族であるので、相手にしてはいけない。

そして、最近思うのは、6が結構大切ということである。
どんなに高い志があっても、才能があっても、覚悟があっても、体力がないと何もできない。

「か弱い乙女」は、自分をプロデュースするためのブランディングであるべきで、本当にか弱すぎて家で寝込んでいては、何も前に進まないのである。

持ち前の身体能力には個人差・年齢差・性差があるが、それを少しでも強化する努力をしても損することはないだろう。
努力をすれば、必ず向上するものである。

category
雑記

先生との相性

高校出て、予備校で浪人して、大学出て、大学院出て、また大学に入ったりして、これまでにたくさん授業を受けてきた。
最近は、ネットでの配信授業、YouTubeなどで手軽に見られる授業などもよく見ている。
そして、教える仕事も英語・美術分野で行い、その幅も小学生から大人までかなり広い。

そこで思うのは、「先生との相性」は重要な要素であるということだ。

人として好感が持てる、感心できるとか、尊敬できるとか、ちょっとしたファンになれるとか、そういう感覚が持てる先生の授業は楽しい。
それは、時に授業内容に勝る。

高校までの授業だと、基本的に先生は選べないが、大学に入ると履修科目の自由度が増すので、授業内容よりも先生との相性で授業を履修するのも手である。

また、YouTubeの動画授業なども、引き込まれるのは「この人すごいな〜」と思える人だったりする。

ただ、これはあくまでも相性なので、私がすごいな〜、と思った先生が実はあまり人気がなかったりすることもあるわけで、あくまでも「相性」だ。
「良い悪い」の話ではない。

category
雑記

パス単一級

英検一級の単語問題攻略とりあえずの目標に、パス単1級から拾った単語を、カード化して回してる。

パス単一級2400見出し語のなかから、さしあたりわからないもの700枚ほどカードにしたが、それに丸々3ヶ月を回し続けている。
だいたい、80パーセントくらいになった。

しかし、このレベルの単語群は覚えるのがつらい。

でる度Aは、だいぶ前に回して、それで90パーセントくらい。
Bは80パーセント、Cの大部分はまだ手をつけていないので、10パーセントくらいではなかろうか。

このペースだと、すべてコンプリートするのにあと半年はかかりそうだ。

英単語も上級レベルになると、量が多いので、日々細々と継続することが重要になってくるだろう。

朝、顔を洗ったり歯を磨いたりするように、さらさらっとカードを回す。
気がついたら、半年後には英検一級のパス単がすべてわかるようになる。

さて、淡々と、日々カードを回そう。

category
英語

シリアルエクスペリメンツ レイン

シリアルエクスペリメンツ レイン
というアニメがある。

1998年に公開されたアニメである。
ということは、エヴァ(エヴァンゲリオン)の少し後ということだ。

このアニメを今見ると、実に興味深い。

SFとも言えるが、ちょっと未来つまり、今2017年あたりを予想しながら作られたような感じもある。
そういう視点で見て見ると、1998年の頃の予想と今との差を感じ取ることができるので、おもしろい。

この作品の大きなテーマは、バーチャルな世界とリアルな世界の境界線が曖昧になるという感覚だと思うが、それは今まさに人類の中で大きくなりつつある感覚である。

生身の肉体を持っている人間でありながら、同時に生身の肉体から離れた世界に浮遊しており、その世界においてはリセットが効く。つい、生身の肉体もリセットが効くだろうと思ってしまう。
リアルな世界の影の薄さや、バーチャルな世界の重み。
それを、じっくりと一種不気味な雰囲気で提示している。

1998年に、この感覚をここまで明確に押し出したのは、考え深い。

では、このアニメを今の中高生に見せたら共感してもらえるかというと、それは疑問である。
なぜか?

このアニメは長いカットで上記に述べたようなテーマを語っている。
じっくりと雰囲気で見せているところが多い。

この間をしっかり受け止めることができれば、よいのだが、今の中高生はこの間は単なる間でしかなく、集中力が維持できないだろう。

この点において、エヴァとは対極的だと思う。
エヴァはカットが短く、当時としては目まぐるしいくらいであったが、今は標準的とも思える。

あの頃から、人々の集中力は徐々に短くなってきたのではないかと思うが、レインは「長いカットでじっくり語る」最後(らへん)の作品かもしれない。

category
雑記

まず、信じ込むのも手です。

とりあえず、自分は「神様ではないが、人間界では超優秀」だと、信じ込む。

これは、結構有効だと思う。

全能の神ではないので、なんの努力もせずに世界中の言語が理解できたり、人間にはできないような、生身で空を飛ぶとか、そういうようなことはできない。
しかしながら他の人間(例えば偉人、むちゃくちゃ成功してるとみなされる人、その道の達人)ができていることはしかるべき努力をすれば、自分も確実にできるようになる、という確信。

これがあると、迷うことなく努力していける。
努力することに不安がなくなる。

これがあると、挑戦を恐れない。
失敗した時には冷静に再挑戦をすることができる。

人と違っても、構わないと思える。

そして、しかたなく生きる人生ではなく、自分の人生を生きることができる。

category
雑記

手応え

「手応えがあるか?」

「手応え」という感覚は大切だ。

スポーツにおいても、勉強においても、作品作りにおいても、ビジネスにおいても、その感覚が得られるかどうか把握しておくことが大切である。

ひたすらまじめに勉強していても、「手応え」に対して鈍感であると、ただ回数をこなしているだけで実力は上がらなくなる。

「あんなにまじめに勉強しているあいつが、なぜ試験になるとこんなにできないのか?」

もしかしたら「手応え」の有無に鈍感だからかもしれない。

category
雑記

やるべきことリスト

今日1日を大切に過ごすために、今日やるべきことを、書き出すことが日課になっている。

いわゆる、やることリストであるが、私の場合だいたい1日15〜25項目になる。

この中には「消しゴムを買う」とか「ブログを書く」とか「英語音読」「筋トレ」「制作」「翻訳(5センテンス)」「日記を付ける」「掃除機がけ」など、とにかく本日やるべきことはなんでも書く。そして、終わったら、二重線で消して横にokと書く。

最近、さらに「家を出る前」「家を出てから」「帰ってから」という色分けを蛍光マーカーで行うことにしたが、それが意外とわかりやすくて良いことが判明した。

あと、着手したものに三角印を付けるというもの、やる気が出て良い。終わらせられないまでも、始めることはできたのだからまあ良しとしようと、いうこともある。

やるべきリストを作ると、1日を効果的に使えるし、なによりやり忘れが生じにくく、コンプリートした時に達成感があってよい。

今日のリストは、20項目だが、残りは10.5項目である。

category
雑記

聴きながら、同時に訳す

レベル別英語長文問題集、レベル5の各章全て85回ほど読んだので、新しい取り組み方として、同時通訳的なことを試してみた。

ヘッドフォンで英語を流し、それを聞きながら、止めないで日本語に訳して喋り、それを録音する。
あとで英文を見ながら漏れがないかとか、誤訳がないかを確認する。

注意するポイントは、あくまでその時に流れてくる英語を構造的に捉え、内容を理解し、それを元に日本語で喋るということである。
何回も音読している文章なので、記憶を頼りに日本語を喋るとトレーニングにならない。

やってみてわかったが、熟知している文章でも難しいが、それだけに鍛えられる気がする。
私の場合、等倍ではできなかったので、0.75倍速にして行なった。

1ヶ月くらい細々と続けてみて、様子を見たい。

category
英語

シャドウイング時の工夫、その2

シャドウイング時の工夫、その2

映画などで、英語話者が話しているシーンを見てみると、口の動きが非常に大きいことに気がつく。

仮に私が耳の全く聞こえないアメリカ人だったとしたら、きっとその口の動きから何を喋っているのか読み取るのは簡単なのではなかろうかと、思うのである。

一方、日本人が日本語を喋っているシーンを見てみる。

口の動きが小さい。
映画でもそれだから、実際の日常場面ではもっと小さくなるだろうから、耳の聞こえない人は苦労しそうだ。

そういう印象を持って、鏡の前でシャドウイングして、目では自分の口の動きを見てみる。

英語話者っぽい口の動きになっているだろうか。

この時、必ずしも一音一音、正確な口の形かどうか、などを意識しなくてもいいだろう。(そもそもそれは、別の勉強やトレーニングが必要だろう)

なんとなくの印象が、英語話者っぽい動きかどうかを意識しるだけで、いくらか発音が改善されるように感じる。

耳の聞こえないアメリカ人が、そばで自分の口元を見ている。
この程度の口の動きで、読み取ってくれるだろうか?

そんな意識をもってシャドウイングを行う。

ぜひ、お試しあれ。

category
英語