山口功のブログ受験生は音読と単語帳で

受験生は音読と単語帳で

私は、英単語カードを日々作り、回してボキャブラリー強化をしている。

しかし、受験生にはあまりおすすめしていない。
というのは、受験に出てくるレベルの単語は、できるだけ、音読で覚えるようにすべきだし、
受験用の単語帳も優れたのものが存在しているので、それを活用すべきだから。

カードを作る労力は、それなりに大きなものなので、いきなり単語帳を丸々カード化したりして、2000カード作るとか、そんなことはやめておいたほうがいい。
どうしてもカードと作りたいなら、音読で出てくる単語を覚え、漏れを単語帳で覚え、それでもどうしても覚えられないものを100とか、200とかカード化するのは、まあ、ありかもしれない。

単語カードは、より長期間にわたり、8000語レベルより上の単語を覚えていくときなどには、適していると思う。

それぞれのレベルや目的に応じて、適したトレーニング方法というのは変わってくる。
もちろん、各学習者の性格とか、生活スタイルにも大きく関係することだ。

適した方法、それを探っていくことが大切である。

category
英語

Comment

Trackback

http://zengonokenzya.blog21.fc2.com/tb.php/869-e3de4f1b