山口功のブログ「英語で読む科学」の読み納め

「英語で読む科学」の読み納め

この5ヶ月ほど、放送大学の教材「英語で読む科学」に取り組んできた。

全15レッスン中、9レッスンは125回、難易度が高めな6レッスンは190回取り組んだことになる。

取り組んだ内容は、

ネイティブの朗読を聴きながら、目で文字を追って、どのように読まれているか確認する。 10%
本文解説の講義を聴きながら本文を確認する。 5%
オーバーラッピング 5%
シャドーイング 33% (低速・高速をたまに混ぜる)
音読  38%
録音した自分の声を確認する 7%
意味を取りながらしっかり聞く 2%

という感じだろうか。

ちなみに、流し聞はカウントしていない。
しかし、流し聞もそれなりには行った。

基本的には、文法・語彙に不安が無い状態にした文章に対して、シャドーイングと音読の波状攻撃をかけていくイメージである。

一番成長が実感できるのは、40〜80回あたりである。
100回を超えると、漫然と取り組んでいてもあまり成長できない気がするので、それなりの工夫が必要だ。

来週からは、別の教材に取り組む予定である。

category
英語

Comment

Trackback

http://zengonokenzya.blog21.fc2.com/tb.php/861-f41f8764