山口功のブログ熱意の調節、マイナスからの調節

熱意の調節、マイナスからの調節

先生という立場の人は、熱血度の調節が出来きないといけない。
そして、それはなかなか難しい。

先生と呼ばれる人種は、基本的に「教えたい」願望がある人である。
そして、たいていはその分野で生徒よりもたくさんの知識を有している。

従って、教える熱意や、教える内容については心配いらない。

そして、もう1つ大切なことであるが、熱意を押し付けないとか、教える内容を絞るとか、やる気の今ひとつでない生徒にも共感して歩み寄り雑談の1つでもする、逆に1人でとことん学習したい生徒を自由にさせておく、などのマイナスの調節をすること必要がある。

これが出来るどうかで、先生を続けられるかどうかが決まるような気がする。
そして、これは非常に難しく、また奥が深く、いわゆる作風の出しどころでもあり、一種の「技」である。

先生続けている人は、このようなところに何らかの魅力を感じているのだろうと思う。
(か、単に生活を安定させるために惰性でやっているか)

category
雑記

Comment

Trackback

http://zengonokenzya.blog21.fc2.com/tb.php/825-043861e8