山口功のブログ人にヤル気を削がれるな!

人にヤル気を削がれるな!

前回の「人のヤル気を削ぐな」の続編である。

学習者(もしくは生徒)の立場に立って言えば
「そんな事言われたくらいで、諦めるか!今のうち、勝手にバカすればいい!」

という強さが必要なのである。

「君の学力では○○は無理だから、××にしなさい」
「そういうのは、一部の才能のある人だけしか出来ないのだから、無理だよ」

などという、まわりの言葉に心を折られてはならないし、夢を諦めてはならない。

より自分を奮い立たせるために有効な姿勢として「あえて、さんざんバカにされる」のがよい。
バカにされれば腹が立つ、学力が低いだの、才能が無い、などとバカにされれば、腹が立つ、そして、その「腹が立つというエネルギー」を、自らの覚悟を決めるために使い、自らの能力を伸ばす方向に差し向けるのである。

category
雑記

Comment

Trackback

http://zengonokenzya.blog21.fc2.com/tb.php/791-6bc93c7d