山口功のブログ第209回 TOEIC (2016年4月10日)感想

第209回 TOEIC (2016年4月10日)感想

第209回TOEICを受けてきた。

記念すべき、現行形式最後の公開テストである。
テスト終了とともに「蛍の光」が流れ、皆が感涙に咽んだ。(というようなことは、無かったが)

会場は、安田女子大学で、広島駅から在来線で、25分。
音響環境は、ラジカセが教壇に一つというパターンである。 
私は教室のやや後ろよりであったが、特に問題はなかった。しかし、人によってはちょっと音が小さいと感じたのではないだろうか?

テスト(マイナーフォーム・IC11)の感想は

Part1 やや易 以前出たような、上級者を惑わす類いの難問は、しばしなりを潜めていると思う。
Part2 やや難 いつもより聞き取りにくいと感じた。
Part3 普通 
Part4 普通 

Part5 やや難
Part6 普通 
Part7 普通 前回のように毛色の違う問題は無く、いたって普通のTOEICという感じがした。

リーディングセクションの読む量は、心持ち少なめだったのか、もしくは、内容を取りやすい文章が多かったのか、塗り絵は回避することが出来た。

今夜のTBRは、20:00です。

神崎先生のTOEIC130回受験記念ラジオ

丸々10年間お世話になったTOEICにさよならを言って、5月からの新々形式を迎えるべく、更なるトレーニングに励みます。
始まりのあるものは必ず終わりが来ます。そしてまた、新しい何かがやって来るのです。
category
英語

Comment

Trackback

http://zengonokenzya.blog21.fc2.com/tb.php/777-bb3aeb3b