山口功のブログ10年計画から今日の一歩

10年計画から今日の一歩

朝起きたら、まず「やることリスト」を作る。

そして、一つ一つこなしていき、終わったものには上から、赤ボールペンでOKと書く。
自分で自分にやるべきことを明確することは、一日という有限な時間を有効に過ごす上でとても重要である。
そして、やるべきことを決めておけば、やるべきことをやり終えたときの達成感を得られる。

例えば、私の本日のやることリストは、

L11の10回音読
ヴァイオリン練習
カード回し
心理2章以上読む
筋トレ
臨床イメージ5章観る
作品を持ち帰る
中央シェルのアタッチメント作成
郵送物出す
年賀あたり交換
新進書類作成
芸存イラスト

であった。
もちろん、やるべきことは、その場その場の雑用的なものもあるが、長期的な計画の一部というものもある。
例えば音読に関しては、3ヶ月計画の一環である。

そしてその計画は、英語力の向上という、10年単位の計画の一部であったりする。

もっとも、英語力向上といっても、そこには具体的な目標がいくつか設定してある。

理想的なイメージから、具体的な目標を設定して、それに向けての長期計画を立てて、そして中期計画を立てて、短期計画を立てて、今日一日で何をすべきかを割り出す。

それが「やることリスト」に書き込まれる。

ある程度幅広い時間軸で、自分自身を鍛えて行くことは大切だろう。

今日はあと、ヴァイオリン練習のみである。
さあ、やるとしようか。
category
雑記

Comment

Trackback

http://zengonokenzya.blog21.fc2.com/tb.php/748-7c6f6150