山口功のブログパートタイムの分の悪さ

パートタイムの分の悪さ

私の友達(オーストラリア人)は、どうやらパートタイムで仕事をして、それでも一人暮らしをきちんと維持しているらしい。

オーストラリアに留学していた時に、パートタイム(アルバイト)の時給の高さに驚いたことがある。
皿洗いみたいなバイトでも、時給2000円相当くらいもらえるらしい。(私はバイトとかしてませんでしたが)

とにかく、フルタイムとパートタイムの差が、日本ほどはない。

日本は、フルタイムとパートタイムの収入の差が大きく、パートタイムで自活するのは困難である。

働き方を柔軟に選べるようにするためには、まずパートタイムや、派遣社員などの時給を、フルタイムの時給相当に引き上げる必要があるだろう。

そうしないと、結局フルタイムの仕事につけなかった(つかなかった)人=負け組=貧困、という構図になってしまう。

働き方の柔軟性というのは、これからの時代特に重要になるだろうが、気持ちよく選択できるような選択肢になっていなくてはそもそも「柔軟性」とは呼べないだろう。

category
雑記

Comment

Trackback

http://zengonokenzya.blog21.fc2.com/tb.php/726-e866bc30