山口功のブログ道具に対するこだわり度の違い

道具に対するこだわり度の違い

道具に対するこだわり、あるいは、執着、あるいは、所有欲、そしてそれに続く愛着の強度は、人によって非常に異なると思う。

仕事で使う道具でも、なんのこだわりもなくそこらへんでたまたま売っていたものを「ん?ああ、これが一番安かったから」などと言って買って、長らく使っていたりする人もいる。

別に高ければいいわけではないのだが、商売道具なのだがらきちんと検討して選べばいいのに、と思ってしまうが、人によって全くそんな感覚がないのである。

どちらにもメリットとデメリットがあると思うが、私はこだわる方なので、こだわった方が、
精度の高い仕事ができるし、
仕事する楽しみが1つ増える
のではなかろうかと考える。

弘法筆を選ばず
弘法筆を選ぶ

あなたは、どちらか?

category
雑記

Comment

Trackback

http://zengonokenzya.blog21.fc2.com/tb.php/1017-82579ada