山口功のブログ2016年05月
Entry Navigation

第210回TOEIC(2016年5月29日)感想

第210回TOEICを受けてきた。
これは、記念すべきリニューアル後初の試験である。

今回のリニューアルされたわけであるが、英語力を計ると言う点において、よりよいテストになったと思う。

私の受けたテストフォームは、QRコードになっていたので、番号は不明。ただし、解答用紙A面がマゼンダ(ピンクみたいな色)である。
あと、表紙に「テスト終了後に問題用紙を回収します」というような内容が日本語で印刷されていた。
TOEICの表紙とはいえ"test book"に日本語が印刷されるなんて…。

Part1  普通 Part3に押されて、ずいぶん縮小されたが、それでも6問生き残っている。これまでと変わらず、難易度も変わっていない印象
Part2  やや難 リニューアル前から思っているが、ここ2年くらいは難易度が高くなる傾向にあると思う。
Part3  やや難 先読みの時間がずいぶん削られた印象を受けた。設問選択肢の分量もやや増えたので、より骨太な英語力が求められていると思う。注目していた3人のトークは「単なる雑談」ではなかった。
Part4  やや難 いくつか難しいものがあったように思うが、集中力が切れたからかもしれない。

Part5  やや易 すっきりした問題が多かった。
Part6   文選択問題が入ったため、読んでいて[1]みたいなものに出くわすと著しく集中力が途切れる。これに動じないようにするには、慣れが必要だろう。
Part7(D) やや難 前半の文章が思ったより長めで意表をつかれた。Part7の分量が増えるので、はじめの方は40秒程度でさくさく解ける問題が続くかと予想していたのだが、そうでもなかった。2問付きの記事で時間が明らかに読む量が多いものがあったので、それは飛ばした。
Part7(M) やや難 ダブルはいつもと変わらない印象。ただ、トリプルは思ったよりも時間がかかった。最後の5問はほぼ塗り絵になる。

全体的に文章量は多く、今後いっそう読むスピードが求められる。

追記:前に座っていた男性が、テスト開始前に15センチの金定規を机の上においていて、1分前に問題用紙に滑り込ませ待機、開始の合図とともに例のシールをスパッと切っていた。
いかにシールをスパッときるか、Toeicer達の間では断続的に熱い議論がなされているところであるが、このような方法を使うとは驚きである。
しかし、これは違反ですよね。机の上においていいものに、定規は含まれていないですからね…。

テスト終了後、問題用紙の数が合わないという問題が発生し、30分くらい待たされた。結局、違う列の山に紛れ込んでいたらしい。試験官が何度も数え直している間に、受験者は如実にいらいらしていたが、こういう時には単語カードなどを回して、優雅に待つ余裕が大切である。

神崎先生のTBRはこちらから、20:00スタートとのことです。

category
英語

伸びる方へ

何事も、伸びる方に向かわせる。

これは、私の方針である。

自分の納得のいく仕事ができたら、その波に乗って、次の仕事をもっとより良くしようとし、
ほめられたら、調子にのって、もっと努力する。

納得のいく仕事ができない時は、その問題点を分析しつつ、その悔しさを次ぎに繋げる。
間違いを指摘されたり、批判されたら、クールに検討して、自分の成長に役立てる。もしくは、役に立ちそうなときまで、心の貯蔵庫に保存しておく。

恵まれた環境におかれたり、理解のあるサポートを得られたら、それを最大限活かすことに集中して、自分を鍛え、やるべきことにしっかりと取り組む。
不誠実な対応を受けたり、理不尽な状況におかれたら、そのことに対する怒りを、エネルギーとして、仕事や学習に邁進する。

とにかく、伸びる方へ
category
雑記

カード回しのシステム化

英文を読んで未知の単語にであった時に、その単語カード化することを「単語拾い」
作ったカードをチェックすることを「カード回し」
と呼んでいる。

単語拾いを1年以上続けてみた結果、カードは3500枚程度に増えた。

基本的に、カードは平等に回していたが、回す周期がかなり長くなってきたので、カードの山を二つに分けることにした。

第一の山は「前線」第二の山は「銃後」と名付けている。

「銃後」をカード回し、まだあやしげなものを「前線」に移す(パトロールと呼ぶ)

新しく拾った単語や「銃後」から送られてきたもで構成されているのが「前線」であり、これは重点的に回す山ということになる。

現在、一日あたり、前線を120枚回し、パトロールは80枚ずつ行っている。

このペースをしばらく続けていきたい。

このように、自分なりのトレーニングの型のようなものができると、日々の学習はより習慣的に進めることが出来るし、逆に、計画の検証、計画の立案が行いやすく、その精度も向上する。

category
美術

計画的に淡々と音読

英語学習を10年以上続けている。

英語学習の楽しみの1つは、学習法を調べ、適した教材を探し、試してみて、よさそうなら計画を立てて、それを淡々とこなす。
ということである。

学校などで、強制的にテキストが与えられて、時間割がすでに組まれていて、宿題が出たり、定期テストを課せられたりすると、自分で自分の学習メニューを立てる裁量がほとんど無くなってします。

つまりは、勉強の楽しみが1つ減るのではなかろうか、と思う。

私は、なんでもかんでも自分で決めて、勝手に淡々と勉強しているだけなので、これはなかなか楽しい。

今年に入ってから、音読がマイブームである。

私の考える、音読に向く教材の条件は、

CDが付いている。
文章が10~15個ほど入っている。
各文章のボリュウム(量)がだいたい同じ。
ネイティブの音読だと、1つの文章が2〜5分
あまり分厚くない。

シャドーイングやオーバーラッピングも混ぜて取り組みたいので、CDは必須である。
お手本が有ると無いとでは、持っていける完成度がまったく違う。
発音、リスニングの向上にCDは著しく貢献してくれる。
夏目漱石の時代は英語学習は今の何倍もしんどかった(効率が悪かった)だろうと思う。
トレーニングとして行う場合、文章の分量がまちまちだと、日によって負担が変わるので、計画を立てにくくなる。
また、文章の数が20個とかになると、1日1つ文章で取り組んだ時に、1周するのが長過ぎる。
2週間以上2周目に入れないのはつらい。長さが短すぎると、面白みが無い、かといって長すぎると回数をこなすのが大変になり、力つきてしまう。
分厚い本は、常にかばんに入れておくのが負担になる。

category
英語

常に、最善を尽くすのみ!

セルフハンディキャップというか、言い訳というか、謙遜というか、

よく、人々は

「いやー、才能無いですからね」
「仕事が忙しいから」
「もう歳なので」
「あまりうまくはないので…」
「筋肉痛なんで」

など、いろいろなことを言う。

日本語で話している限り、あるところでは礼儀みたいなものでもある。
また、失敗した時に、頑張りきれなかった時に自分のプライドを守る自衛手段でもある。

しかし「自分が伸びること」を最も価値のあるものだとすると、そういうことを言うのはやめた方がよい。
なんとなく、習慣的に言ってしまいそうになってもぐっとこらえて、やるべきことに全力を尽くす。

言うのであれば、

「とにかく、最善を尽くします!」

そして、やるだけ。

category
雑記

水筒の携帯

最近、保温性のある水筒を二つほど購入した。

いわゆる魔法瓶で、コップのついていない、じかに飲むタイプのものである。
このジャンルは、昔は無かったタイプだと思うが、いつの間にか主力商品になっているようだ。

とりわけ夏場には、大容量のものが活躍する。
私は、自転車で移動することが多いので、水分の補給は必須になる。

暑くなってくると、1日あたり、スポーツドリンクを2リットルくらいは飲むことになる。
1リットル分の粉末を、2リットルに溶かした飲むと、ほどほどの濃さになるのでちょうどいい。

水筒に入れて持ち歩けば、いちいちコンビニエンスストアなどで買うよりもコスト削減になる。
1日あたり、少なくとも150円は削減できているのではなかろうか。

そうすると、一夏で1万円くらいの節約になる。
もっとも、水筒代はかかるので余裕を持って「5000円以上の節約」と言うのが適切だろう。

ただ、粉末を溶かしてスポーツドリンクを作り、水筒に入れて持ち歩くことの真価は、スポーツドリンクの濃さを調節出来ることである。
0.5リットルなら、デフォルトの濃度がちょうどよいように感じるのだが、2リットルなどという分量を飲むと、デフォルトの濃度では重すぎる(甘すぎるorカロリーが多すぎる)のである。

その日の暑さ加減で、水筒の容量を選択し、濃度も適宜調節する。

category
雑記