山口功のブログ雑記
Entry Navigation

シリアルエクスペリメンツ レイン

シリアルエクスペリメンツ レイン
というアニメがある。

1998年に公開されたアニメである。
ということは、エヴァ(エヴァンゲリオン)の少し後ということだ。

このアニメを今見ると、実に興味深い。

SFとも言えるが、ちょっと未来つまり、今2017年あたりを予想しながら作られたような感じもある。
そういう視点で見て見ると、1998年の頃の予想と今との差を感じ取ることができるので、おもしろい。

この作品の大きなテーマは、バーチャルな世界とリアルな世界の境界線が曖昧になるという感覚だと思うが、それは今まさに人類の中で大きくなりつつある感覚である。

生身の肉体を持っている人間でありながら、同時に生身の肉体から離れた世界に浮遊しており、その世界においてはリセットが効く。つい、生身の肉体もリセットが効くだろうと思ってしまう。
リアルな世界の影の薄さや、バーチャルな世界の重み。
それを、じっくりと一種不気味な雰囲気で提示している。

1998年に、この感覚をここまで明確に押し出したのは、考え深い。

では、このアニメを今の中高生に見せたら共感してもらえるかというと、それは疑問である。
なぜか?

このアニメは長いカットで上記に述べたようなテーマを語っている。
じっくりと雰囲気で見せているところが多い。

この間をしっかり受け止めることができれば、よいのだが、今の中高生はこの間は単なる間でしかなく、集中力が維持できないだろう。

この点において、エヴァとは対極的だと思う。
エヴァはカットが短く、当時としては目まぐるしいくらいであったが、今は標準的とも思える。

あの頃から、人々の集中力は徐々に短くなってきたのではないかと思うが、レインは「長いカットでじっくり語る」最後(らへん)の作品かもしれない。

category
雑記

まず、信じ込むのも手です。

とりあえず、自分は「神様ではないが、人間界では超優秀」だと、信じ込む。

これは、結構有効だと思う。

全能の神ではないので、なんの努力もせずに世界中の言語が理解できたり、人間にはできないような、生身で空を飛ぶとか、そういうようなことはできない。
しかしながら他の人間(例えば偉人、むちゃくちゃ成功してるとみなされる人、その道の達人)ができていることはしかるべき努力をすれば、自分も確実にできるようになる、という確信。

これがあると、迷うことなく努力していける。
努力することに不安がなくなる。

これがあると、挑戦を恐れない。
失敗した時には冷静に再挑戦をすることができる。

人と違っても、構わないと思える。

そして、しかたなく生きる人生ではなく、自分の人生を生きることができる。

category
雑記

手応え

「手応えがあるか?」

「手応え」という感覚は大切だ。

スポーツにおいても、勉強においても、作品作りにおいても、ビジネスにおいても、その感覚が得られるかどうか把握しておくことが大切である。

ひたすらまじめに勉強していても、「手応え」に対して鈍感であると、ただ回数をこなしているだけで実力は上がらなくなる。

「あんなにまじめに勉強しているあいつが、なぜ試験になるとこんなにできないのか?」

もしかしたら「手応え」の有無に鈍感だからかもしれない。

category
雑記

やるべきことリスト

今日1日を大切に過ごすために、今日やるべきことを、書き出すことが日課になっている。

いわゆる、やることリストであるが、私の場合だいたい1日15〜25項目になる。

この中には「消しゴムを買う」とか「ブログを書く」とか「英語音読」「筋トレ」「制作」「翻訳(5センテンス)」「日記を付ける」「掃除機がけ」など、とにかく本日やるべきことはなんでも書く。そして、終わったら、二重線で消して横にokと書く。

最近、さらに「家を出る前」「家を出てから」「帰ってから」という色分けを蛍光マーカーで行うことにしたが、それが意外とわかりやすくて良いことが判明した。

あと、着手したものに三角印を付けるというもの、やる気が出て良い。終わらせられないまでも、始めることはできたのだからまあ良しとしようと、いうこともある。

やるべきリストを作ると、1日を効果的に使えるし、なによりやり忘れが生じにくく、コンプリートした時に達成感があってよい。

今日のリストは、20項目だが、残りは10.5項目である。

category
雑記

異文化コミュニケーションの心得

基本的に人と関わるということは、異文化コミュニケーションだということを念頭においたほうがいい。

これは、同じ日本人同士の場合でもそうである。

近年、高校生や中学生の中でも学年が違うだけで、恐ろしく常識が違ったりする。
また、地域や学校、職種によっても全く常識が違う。

この異なり方は、それなりに大きくい。
特に世代間のギャップはこれから激しくなるだろう。

そうすると、自分の常識で他者を判断、評価したり、理解しようとすると、大きな食い違いが生じる。
さらには、無駄にがっかりしたり、腹を立てたりすることになりかねない。

だから、自分の全く知らない国の人にあった場合と同様に「文化的な隔たりがある」ということを念頭に置いておいた方が、結果的にうまくいきそうだ。

「それ、非常識でしょ。バカにしてるのか!」

と、思う以前に、

「この人の常識からすると、これは敬意を評しているということになるのかもしれない」

と考える。

よくわからない場合は、とりあえず保留にする。
様々な可能性があり、そういうことを考慮において、判断を下す必要のないことはできるだけ保留にしておくというわけだ。

はっきりさせなくてはならないことは、言葉できちんとはっきりさせる。

そのくらいの心構えを持った方が良さそうだ。

category
雑記

ちょっとした成功体験を得て、素直によろこべ!

まずは、成功体験を得るというのが、思いの外大切なことだと思う。

人生を能動的に生きて行くため、あるいは、何かしらで大きな成果を上げるためには
「根拠がなくとも自信がある」
という自己肯定感を持っていなくてはならない。
(たいていの場合、そもそも確固たる根拠など得ようはずがない)

それは、ある程度自分自身の「成功体験」の数に依存する。

それが、極端に少ない人は、焦らず小さな成功体験を得るように、ごく単純なことを継続してみるといいだろう。

私は1ヶ月くらい前に、とあるスポーツマンから
「ストレッチをして体を柔らかくすると、疲れにくくなっていいですよ」

という言を聞き、生まれて初めて自発的にストレッチなるものを始めた。
体はどちらかといえば硬い方だろうと漠然と思っていたが、初期値ははっきりいってどうでも良い。

ストレッチ自体は放送大学のネット配信の講義を聴きながらしたりできるので、結構頻繁にやって、3週間たったが、これが予想以上に成果が上がった。
疲れにくくなるかどうかは今のところ、なんともいえないが、しかし、反動なしの前屈で指先がぎりぎり床につくところまで柔らかくなった。
初期値は床から5cmも離れたいたので、このままいったら、3ヶ月とただず、掌が床にぺったりつのではなかろうかと。

こういうのも「ちょっとした成功体験」である。

ところで、このような成功体験を経験している時に「人と比較する」のは愚かだということを付け加えたい。

「自分が努力して、少なからずその成果が出た」ということを喜べばよく、
もしくは
「成果が出ているかどうかはまだわからないが、努力を継続できている自分」に感心すれば良い。

category
雑記

予備を揃えるという発想

*置き勉の禁止*

というのは、つまり、学校に教科書や資料集、問題集、単語用語集、ノート(もしかしたら、辞書も)を置きっぱなししてはいけないということである。

どうして、そんな規則を打ち出すかといえば、家で勉強しなさい、という意図が込められているのだろう。
しかし、今や規則だけが形骸化してしまっていて、無意味に書籍類を日々運搬する義務を課している場合もある。

私は学校に勉強道具を置いておくこと自体、悪いことではないと思っている。
学校に必要な教科書などを持ってくるのを忘れてしまうというのが、最悪の事態なので、それに備えておくという発想。

明日の授業を確認し、時間割変更なども考慮に入れて、明日の持ち物をカバンに入れるということは、少なからず忘れるリスクも生じる。それを警戒して毎日全教科持って行くというのもあまりに疲れるだろうし。(筋トレにはプラスになるかもしれないが・・・)

では、家では勉強しなくてもいいの?
と思われるかもしれないが、家では家用の教科書類を揃えておけばいい。

特に自分が力を入れている教科の教科書、受験対策として使う問題集や単語帳はいろいろなところに置いておいても損はない。

どうしても、一冊しかない自分で作ったオリジナルなノートや、先生が配ったプリント類、あまり使わないけど今日は家でも確認したいと思うテキスト、そういうものだけ持ち帰る。
家では家の勉強道具を揃えておく。

こうすると、忘れものをするリスクを低下させることもできるし、荷物も軽くなる。(筋トレにはマイナスかもしれないが・・・)

単語帳や死ぬほどやりこむつもりの問題集は、トイレや、風呂用にさらに一冊あってもいいかもしれない。3冊くらいあれば、バラして折って、ポケットに入れて、レジで並んでいる程度の隙間時間でもすかさずチェックしたりできる。

こういう本は、卒業した先輩が捨てていったものや、おねいさん、お兄さんからもらったり、もしくは、古本屋で安く出ているものを使うなど工夫すれば、気兼ねなく使える。

「メインで使っている勉強道具は、予備があってもいいのではないか」
という発想を提示したい。

あくまでも、目的は自分が効率的に勉強し、なるべく成果が出るように環境をセッティングすることにあるのだ。

category
雑記

自分が上達して、かつ録音機もよい、でもスピーカーは

この1年、日々1時間ひたすら英語の音読(シャドーイングやオーバーラッピングも含む)を行なってきた。

扱った素材は
放送大学の印刷教材(テキスト)3冊
東進のレベル別問題集(主に3〜5)

である。

このところ、自分の声を高精度に録るために、楽器の録音に評判の高い、リニアICレコーダー【タスカムDR-40】を使用している。
始めはオリンパスのICレコーダー【V-803】を使っていて、それもかなり良かったのだが、タスカムの方がよりプレーンで高解像度なので、トレーニングの確認には良さそうだし、なにより存在感があるので、がっちり録っているという感じがして良い。

問題は、確認用のスピーカーである。

現在、OMAKERの【M4】を使用しているが、どう考えてもタスカムの威力を発揮できていない。

このスピーカー、少人数の授業で使うとか、ブルーツゥースでパソコンから音を飛ばして、風呂で講義を聞いたり、台所で音楽聞いたりするのには優れている。

しかし、音そのものについて考えると、録音機との釣り合いが取れない。

だからと言って、ほいほい買うと、泥沼にはまりそうだな。
「こんなにいいスピーカー買ったんだから、マイクはやっぱり外部マイクにして、これにしたら・・・」

とか、きりがなくなるパターン。

category
雑記

とにかく落ち着け、しかし居座るな

素直に聞くことと、自分のやり方を通すこと、どちらが良いことなのか?

私はそのバランスをコントロールすることが重要だと思う。

世の中にはひたすら自分のやり方を続け、人の意見には耳を貸さない人がいる。

英語の勉強で、CD(音を)活用して学習した方がいいよ、と言っても結局一回も聞かないで、ただひたすら文法問題集だけ解いていたり、する人などはそうかもしれない。

もっとも、全くやらないよりは自分の能力は伸びるのだが、あるところから成長はほとんど止まってしまうだろう。

逆に、人の意見を聞きすぎる人もいる。

英語学習には音読がいいと聞いたら、それをやってみる、しかし3日後にはその音読素材はほっぽらかして、新しい単語帳を買ってきて単語覚えている。なぜかとういうと知り合いにやっぱり単語だよと、言われたから。
一週間後に会った時は、そもそも英語学習はやめていて、なぜか韓国語をやっている。次に会ったら、それもやめて、漢字検定2級にむけて勉強していたりする。

こういう人は多分何も身につかない。まあ、楽しければ良いという考え方もあるが。

ある程度の期間は自分のやり方を通す、そしてそのルーティンが板についてきて、その後、効率の低下を感じたら講師の進める新しいやり方を試してみる。

このあたりの勘所が、自分の能力を向上させる上で大切であり、難しいところでもある。

一般には3ヶ月続けると何らかの実りが得られるものであるが、場合によっては半年かもしれないし、1年かもしれない。

とにかく落ち着け、しかし居座るな。

category
雑記

教育現場の技術

教育の場には、いろいろな技術が存在する。

例えば、英語の授業の場合、

1、先生の英語力
2、先生の英語を教える技術
3、先生の生徒のやる気を出させる技術
4、生徒の習う技術
5、生徒の授業時間外での学習力

最近、
1はそれほど大きな要素ではないと思う。英語の先生の英語力がいかがなものかという問題が提起されることがあるが、別に先生が英検1級でも、英検2級でも、生徒からすれば大した違いはなかろう。
もしかしたら、先生自ら英検1級に向けてガンガン勉強している姿勢自体には意味があるかもしれない。

2もそこそこ大切だが、これが極限まで上手くても、生徒にやる気がなかったり、授業以外では1分も勉強しませんというスタンスだとお手上げだろう。

3はかなり重要だが、生徒との相性もあるし、なかなか難しい。
これが上手ければ、あとは、生徒は勝手にやって勝手に伸びていく。
先生としての理想を突き詰めると、この技術が残るのではなかろうか。

生徒の側からすると、自分の能力を向上させる上で、4があると有利になる。
この意識のある生徒は少ない。
高校までは強制的に次から次に授業を浴びせかけられるような状態であり、習う技術など考える気もないのが普通である。しかし、それは大きな損失だろう。
大学・社会人と進んでいくと、この技術の重要さに気が付いたりするものだ。

5は何を学ぶにも重要なことである。
先生に習っている時間は25%以内にするべきで、その3倍は自分でやれるところまでやる。
習っていても「自分でやれるところまでやり続けるという」覚悟がある人のみ、技術を本当に習得できるのである。
生徒が主体になっている状態と言ってもいいかもしれないが、生徒側からすればこれを目指すべきだ。

category
雑記

バランスを考える

「全体のバランスをとる」

という視点を忘れてはいけない。

例えば、受験勉強の場合、志望校の最低合格点以上をとることを、第一の目標とする。
そして、それが国語60点、英語60点、社会60点だとする。

そして、自分が過去問を解いたら、国語65点、英語40点、社会40点だったとする。

あと半年あるとすると、ほぼ全てのエネルギーを英語に投入するべきだろう。

そして、英語のなかでもどこがもっとも足を引っ張っているか、分析してみる。

単語力なのか、文法力なのか、それらがそこそこわかっていても、長文を読むのが遅すぎて間に合わないのか、そもそも時間無制限でも無理なのか。はたまた、リスニングがだめか、スクリプトを見れば理解できるのか。

弱点を強化していく。

社会はもう少し試験が近づいてから一気に片付けるとか、時系列でのバランスも考える。

何にどれくらい時間がかかるのか、暗記しなくてはならない総量はどのくらいか、それを把握するために、少しだけ手をつけてみるのもよいだろう。
計画の精度が上がり、バランスをよりきちんと取れるようになる。

人生も、それと似ていると思う。

仕事・生活・趣味
5年後・10年後・30年後

然るべき理想に向けて、バランスを考えつつ、取り組んでいるだろうか?

エネルギー配分は?
時間配分は?

バランスをとる努力をしているだろうか?

category
雑記

環境を整えるということ

勉強なり、何かしらの技術に磨きをかけるなり、あるいは、何か作品作るとか、
そういうことをするためには、「環境を整える」ということがかなり大切である。

受験生が勉強をするために、わざわざ図書館に行ったりするのはその環境を整える意味が強い。

世の中にはわざわざ勉強用に月極めのワンルームマンションを借りる人すらいる。
伝説のTOEICブロガーMさんは、そんなことまでして、集中して勉強する時間を確保して目標900を達成したらしい。

「自宅にいるとよからぬ邪魔が入りますから」

とのこと。
サラリーマンで、家族もいればより積極的な環境づくりが大切かもしれない。
ことに大人であれば、多少のお金を払う覚悟も必要だ。
自分への投資ともいえるだろう。

ということで、この土日各4時間、一人淡々とトレーニングを行うために森の中の施設へ。

category
雑記

極めてみるという発想

1つの技能を極めると、「技能を極めるということ」それ自体を自動的に習得することになる。

そして、その過程で「自分」と向き合うことになり、(それなりに)自分を知った状態になる。

そうすると、他の技能を身につけるの非常に容易とは、いかないかもしれないが・・・。
少なくとも極めている状態や、その過程を明確にイメージできるので、無駄なことはぜず、効率的にトレーニングできるものだ。

忙しくいろいろな、勉強・趣味・取り組み方(仕事術とか勉強法みたいなもの)を、さらさら〜と、渡り歩いている人は、実は何も極められないことが多く、結果的に表面的なところを滑っていっているだけになっている。

まずは、ごくごく限られた範囲(この1冊のうすい問題集だけとか、腕立て伏せだけとか)に絞り、極めた状態を体験することをオススメする。
楽しかろうが、そこそこできるようになっても、辛くなろうが、嫌になっても、飽きても、とにかく愚直に繰り返し、「極めること」を経験されたし!

category
雑記

必要なら全力で脱出しろ!

会社をすぐ辞めてしまう人が問題になっている。

叱られたから嫌になってやめるとか、朝起きるのが辛いので辞めるとか、

まあ、そのような場合は社会人として、とにかく「耐える」方がいいかもしれない。
慣れていけば辛さも軽減されるし、その過程で自分が成長できるから。

確かに、すぐ辞める人は問題かもしれない。

しかし本当に深刻な状況というのは、

仕事にも馴染みこなしているが、会社のやり方に根本的な疑問を感じており、
しかも自分の頑張りがまったく反映されず無視されて、話し合いにもならない、挙げ句の果てに不当な扱いを受ける。
わけのわからぬ派閥争いのおかげで、本来の仕事そのものに支障が出ているし、改善されれない。井の中の蛙の、蛙の戦いがメインの仕事になっている。
そもそも、おもしろくもない、自分が成長できるチャンスもほぼ皆無である。
そして、はじめは希望や理想を持って就職したのだが、結果として職場の不満だけを抱え続ける、
しかし、「仕方がないから、何年も、何十年も続けている」

こういう場合、そこにいてはいけないし、次の仕事(ひいては生きかた)を探すのがよいだろう。
しかしそいう人に限って、なぜか「そこを離れる」という選択肢がないのである。
会社組織の持つ根本的な性質や、日本人の義理堅さや、空気を読んでしまうようなところが悪く働くと、そうなるのかもしれない。

ともかく、
「仕方がないから耐えます、がんばります」というのは、
時として「視野が狭くて他の選択が目に入りません」「他の選択肢を探すのめんどくさい怠け者です」
とも言えるのである。

職場の不満を口にするのも悪くはないだろう、でも、散々不満を言った後に
「だから自分は、状況を打破するために、視野を広く持ち建設的なアプローチするぞ!」

と、言ってもらいたい。

【意味のあること、自分の鍛えられること、おもしろいこと】

それらをするために、あなたは自由に動くべきだ。
本来、我々はその自由を持っているのだ。

category
雑記

最強ライバル

「ライバル」というのは、時として非常に効果的だと思う。

自分の能力を上げるのに、もしくは、やる気を高めるの効果的だ。

「あいつがあんなに頑張っているのか・・・。負けてられるか!」
みたいな。

私にも「ライバル」と言える存在はいた。
受験の時などは特にそういう存在がいた。

いわゆる美術大学はそんなにたくさんは無い、こぞって受けるのは5つの大学ぐらいか。

しかも、合格する人数は多く無い。
予備校生みなライバルである。

それは、緊張感があり、たまらなく楽しかった。

しかし、最近思うのは、最強のライバルは過去の自分だと思う。
自分の英語勉強記録や日記などを見返して

「うわー、このころはこんなにやっていたのか」
「そのうえ、毎日66分も〇〇トレーニングしていたのか」

などなど。

油断ならぬ強敵だ。
負けるわけにはいくまい。

category
雑記

記憶しない生き方って、どうなのか?

デジタルネイティブ、という言葉があるらしい。

物心ついた時に、すでにインターネットが完全に普及して、ケイタイ(さらにはスマホ)でネット接続できたり、そんな世代のことである。

フィルムカメラを触ったことのない世代といっても良いだろう。
私は、最後のアナログ世代であり、後にデジタルに対応した人間だろう。(もっとも完全には対応しきっていないかもしれないが)

両方の感覚が理解できる。
フィルムカメラや暗室での現像も体験したし、デジタルカメラやフォトショップも体験している。

だからよくわかるが、そろそろ記憶することが無意味に思われる時代になっているかもしれない。

なんでも、その場ですぐ調べられる。

人は、覚える必要がないと判断すると、覚えないのが普通である。

記憶は外部化して、自分の脳には蓄積されなくなる。
すぐに調べられるし、すぐに回答が得られるのだから。

デジタルネイティブは、記憶の外在化を徹底している世代と言えるかもしれない。

これは、おそらくそれ以前の世代と大きな感覚的なあると思う。
そして、思考そのものに結構重大な影響を及ぼすのではなかろうか。

いくらすぐに情報が得られるといっても、自分の中に消化して納めた情報とは質が異なる。
デジタルネイティブはその質の差も、実感する機会がほとんどないのだ。

この隔たりが明確に意識されるのは、少々先かもしれないが、学校の先生など、一部の人は気づいていのでないかと思う。

category
雑記

楽勝ビジネス!

多くの者が、当たり前のように大学まで進み、また、多くの留学生がやってくる日本では、
全く学ぼうという意思のない生徒・学生が増加しているようである。

ビジネスとしては、好都合だと思う。
全く学ぶ気がなくても、高校(大学)ぐらいは行こうね、という雰囲気だと、少子化でも、高校や大学はそれなりに生徒・学生がやってくる。
それに少子化の不足分は、留学ビザで出稼ぎしようね、という学生が大勢押し寄せる。

宣伝などいらない。内容などどうでもいい。
「高校やってます!」「大学でっせ!」「うちは専門学校ですよ!」

それだけで、それなりにお客さんはやってくる。
しかも、何かを学びたいからやってくるという人は少なく、学校やコースによっては、そいういう生徒はもはや一人もいない。
宣伝費はあまりかからず、それでいて、内容もどうでもいい。(どうせ、聞かないのだから)

こんな楽な商売はないと思う。
適当なものをいい加減に作って、それでもみんな一応お金を出して買う。
そして、全く使わないか、そもそも使い方もわからない、もしくは使い物にもならない。
それでも、別に使う気がないのだから、表面上かっこよければ、文句も言わない。

かっこうや体裁は、いくらか重要だ。
最もレベルの高い教科書を買わせて、大量の宿題を出しておけばよかろう。
課外授業もやってます!

そういう体裁は大切だ。
そこを外さなければ、お金儲けができる。

う〜ん、私はその手のお金儲けはできないね。
あるいは、そういうお金儲けの付き合いで働くことはできないね。

私は教える人間がまるでやる気なしだったら、お手上げだし、そもそも教えることをやめてしまいそうだ。
私は生徒・学生が何かを、少しでも効率的に学ぶことをサポートすることに意味を見出しているので、お金をもらうからには、その実感がないと続けられない。
少なくとも、学ぶべき価値がありそうなことを提示することはしたい。
それでも受け付けてくれないなら、また気が向いた時に来てください、という方が健全だと考えている。

気が向いて、学ぼうと思って来てくれた人は、きちんと学ぼうとするのが普通だから。

category
雑記

防水ブルーツゥーススピーカー導入

少人数の授業でいちいちCDコンポを持っていくのは面倒だと思い、ブルーツゥーススピーカー「M4」を購入。
これだと、ウォークマンからいきなり音を出せる。

ところが、このところ授業でのスピーカーの登板回数自体少なく、結局お風呂で放送大学の講義を聞くのに大活躍している。
パソコンでストリーミングしつつ、音をスピーカーに飛ばす。
スピーカーは防水だから、お風呂でも聞けるというわけである。

授業が、いつでもどこでも聞けるというのは、ものすごくいい時代だと思う。

category
雑記

授業形式は効果的に選べ

アクティブラーニングが高らかに賞賛されている。

私は美術(実技)を教えることがあるが、それははじめからアクティブラーニング以外の何者でもない。
今更強調されるまでもなく、すでにやっていることになるだろう。

実技ではない「座学」に分類されるような授業を担当している先生は、必死になってアクティブラーニングを取り入れようと思われる。

しかし、授業の形式ばかりに注目するのはよくないだろうと、思う。

私は短大で教えつつも、自らが大学生でもあり、授業を受けることもある。

つまり授業を受ける側としても、日々思うところがある。
無理やり、たどたどしくグループワークのようなものを入れられると、どうも学んだ気がしないことがある。

それよりも、先生の専門家としての生の話を聞きたいんですが…。
という気持ちになることも、事実あるのだ。

つまり、あまり効果的でない形で、とか、生徒学生のニーズを鑑みずに
「この授業形式を入れないとよくないので入れます!」

となってしまってはいけないだろう。

落語聞きにいって、噺家が
「それでは隣の人と自己紹介して、最近あった面白い体験を20分ずつ交互に話して下さい」

と言われたらそれは、たぶん噺家の落語を聞いているよりも面白くない展開になりそうだ。

もちろん、グループワークのようなものを取り入れた方が良い時もある。

アクティブラーニングは、あくまでも授業形式であり、選択肢の1つだということだ。

category
雑記

センター試験だ!

本日と明日はセンター試験である。

ごく少人数ながら、英語を教えている生徒が受けているので、私もなんとなく緊張したりする。

私は2浪したので、センター試験を3回も受けているのであるが、その頃の英語力はまったくお話しにならず、shouldという単語の存在を知らず、受動態がbe動詞+ppで表現されるということも知らなかった。

従って、問題をみてもわからないので、開始早々ランダムでマークして(TOEICer的には塗り絵という行為です)あとは寝ていた。

それが、私が受けたセンター試験3回とも、そのような状況であり、2浪している間に受動態が作れるようになったり、shouldに出くわしたりすることがなかったのである。

それでも私が桁外れに高倍率の大学に入学できたのは、それが美術の大学で、実技試験命のところであったからだ。
すなわち、センター試験は受けたという事実のみが必要だったのである。

しかしその後、独学で英語を勉強して、TOEICも900を越え、英検準1級も合格した。
それから英語を教える事情で、自分が受けた3回分を含めて、過去問を受験生のように30回分も解いてみると、その試験のクオリティーの高さに感心する。

センター試験は、長文の内容、試される文法項目は、TOEICよりも振り幅が広い。
それでいて、あまり癖が無い。

長い英語学習の「中ボス」として、適していることは認めざる得ない優れたテストだと思う。

今日どんな問題が出るのか、早くみてみたい。
私も受ければ良かったかな。

category
雑記

「楽しい・楽しくない」より「覚悟」を!

「面白いからやります」
「楽しそうだからやります」

というのは、裏を返せば、

「飽きたからやめます」
「苦しくなってきたからやめます」

ということをに繋がると思う。

そういう人は、半年ごとに趣味を変え、半年ごとに専攻を変え、半年ごとに転職すると幸せに生きていけそうだ。

しかし、おそらく何も実りがなさそうだ。
表面を滑っているだけの生き方になりかねない。
もっともそれで幸せなら、それはもはやある種の境地に達しているのだろう。
実るまでもなく、もう幸せみたいな。

大切なのは何か目標を決めて、その目標達成に必要だから、これをやっているという意識だろう。
そして、必要な技術修得やプロセスを進めることに対して「楽しい・楽しくない」はどうでもいいことである。

「自分で決めた計画上、やることになっているからやります」
「必要だからやります」

そのような覚悟を決めれば「楽しい・楽しくない」は些末な要素でしかないと感じられるものである。

category
雑記

神様の力に頼らずとも勝つ覚悟

御慶!永日!

なにかと玉先生からの出典がおおくなっておりますが、この発想はなかなかいいな!と思ったことがあったので、紹介してみる。

天満宮などに行って合格祈願をする受験生も多いいだろう。
しかし、本当の自分の力だけで勝ちたいと思っている受験生は、神様の力を使わずに勝つつもりなので、合格祈願などはしない。
もし仮に自分が合格した後に、塾の先生が自分の代わりに合格祈願に行ってくれていたというのを知ったら、その受験生は「あ〜、なんだ〜、私の合格は自分の実力じゃなくて神様の力だったのか〜」と思い、がっかりするだろう。

だから玉先生は天満宮には行くが、神様には「落ちそうな受験生は落として、受かりそうな受験生が受かるようにして下さい」とお願いするらしい。

ことに受験は、最終的には自分1人で戦うという覚悟が必要である。

たぶん、途中までは団体戦かもしれない。
親と、クラスの友達と、先生とのチームプレー

しかし、本番が近づくに従って個人プレーになる。

受かる実力を付けて、しかるべき合格を勝ち取る。
まぐれで受かるのは決して誇れることではなく、他の受験生に対しても、大学に対しても、社会に対しても恥ずかしいことである。
神様が「君は頑張っているから本当は3点足りなくて落ちる予定だけど、それを足して受からせてあげるよ」と言われたら「その足りない分はこれから本番までの12日間、自力でなんとかしますから、余計なことはしないで下さい!」というのが本物らしい。

確かに、そのくらいの覚悟はなくてはなるまい。

category
雑記

持ちネタを増やす意識

勉強を実りのあるものにするには、

「持ちネタを増やす」

という意識が大切である。

例えば、噺家(落語家)が、師匠から「子ほめ」を教えてもらって、それを高座で演じる。
そして、次に「豆屋」の稽古をつけてもらって、それを演じるころには「子ほめ」は忘れかけてて演じられなくなる。
次に「じゅげむ」を稽古する、その時には「子ほめ」はすっかり忘れて演じられず「豆屋」も忘れかけている。

常に、今習っていることしか出来ない状態になる。

というのは、あまりよろしい状況ではない。もちろん、成長はするのだが、それは限定的である。

「じゅげむ」の稽古をしている時にも「子ほめ」「豆屋」は持ちネタとして、すぐに演じられるようにしておくべきである。

もっとも、学校の勉強とかだと、そういうことを考える余地も与えられないほどに、次々に教材や課題・宿題を与えられて、それを追いかけるので精一杯ということになってしまうかもしれない。

ことに受験では「持ちネタ」が試されるので、いくらたくさんやっても、持ちネタになっていなければ、解ける設問は常に1つのみ、みたいなことになってしまう。

そのあたりを考えられると、受験はもとより、あらゆることに確かな技術を身につけることの出来る人になれる。

ひいては、必要性に追いかけられるだけの人生から脱することがでる。

category
雑記

「尊敬のし直し」by玉先生

玉先生の「マジ玉ラジオ」を聞いていて、確かにそうだな、と思ったことがある。

要約すると、

「パートナーをバカにしている夫婦は、長い目で見ると双方とも幸福であるとは言えず、子育てにも良い影響はでない」

ということ。

確かに、奥さんがひっきりなしに夫の無能さを宣伝しまくっている、なんてこともあるかもしれない。(しかも夫が目の前にいてそういうことをする)

もちろん、その逆もあるだろう。

そういえば、漫玉日記(玉つながりで…)でもそんな描写があった。
レストランに入った時に隣のテーブルの夫婦がそのような感じだったので、イライラして食べる気がしなくなったみたいな。

確かに、そういうのは、いかがなものか、と。
まわりや、けなされている方も当然だが、もしかしたら、けなしている方も不幸なのではなかろうか、と。

玉先生が言うには「パートナーはほめて育てる」くらいに思っておいた方が良いとのことであるが、それはまさにその通りなのだが、この行為を「尊敬のし直し」でもある表現したところに、これはなかなか深い意味が込められているな、と思ったわけである。

まあ、自分の意見を建設的に相手に伝えるということは大切であり、おだてているだけでよいというわけでないのであるが、根本的な姿勢にこのような感覚があるペアは、はたから見ていても気持ちのいいものである。

category
雑記

努力をする余地があるかどうか?

一般的な話として、将来のことに対して不安を感じることなどが、多くの人にはあるだろう。

その時に「不安」を分類することが大切だと思う。

「大学入試で失敗するかもしれないという不安」であれば、それは努力の余地が大きい。

具体的に何点必要で、何点足りないのか、どこが点を上げやすいか、あと何日で、どういう教材にどのように取り組むのが効果的か、それは、計画が立てられる。計画を立てたら不安は和らぐだろう。まあ、そのあと計画を実行に移す必要はあるが。

では「就職先の上司と相性がいいかどうかという不安」ならどうか、

この不安に対しては努力があまり出来ない。

で、その場合はどうすればいいか。

「まあ、相性のいい上司に出くわすだろう」と楽観的に考えることが大切である。

この場合、ポプランの名言じゃないが「人生を甘く見ること」が非常に重要で、努力でどうにか出来ない状況では、楽観的に考えられる人間の方が結果的にうまく生きることが出来るし、何事にも成功する確率が高い。

「人生は甘くない」と主張している人は、結果的に常にストレスを受けて、やるべきことがコンスタントに出来ず、さらには挑戦することも避ける傾向にある。あまり幸福な人生は送れなそうだ。

出て来た結果に対して、対策できるところは対策すればよいし、改善するところは改善してまた、ぶつかっていけばよい。

category
雑記